妊娠さんの虫歯や歯周病予防?|福岡市南区の土日休日診療歯医者ならひろた哲哉歯科

0120-345-500

WEB予約

土日平日診療 9:00~13:00/14:00~18:00

BLOG

カテゴリー:

BLOGむし歯歯周病

妊娠さんの虫歯や歯周病予防🤱

みなさんこんにちは😃 歯科医師の中嶋です! 今回は妊娠すると虫歯や歯周病になりやすいと言われる理由とその対策についてお話します!                   

🦷なぜ虫歯になりやすいのか🦷
①つわりなどで歯ブラシや歯磨き粉を口に入れるだけで吐き気で丁寧な歯磨きが難しいです。  ②甘い物、酸っぱい食べ物が好きになり、虫歯菌の大好物の砂糖や歯のカルシウムを溶かす酸性度の強い食べ物を取ってしまいます。      ③お腹が大きくなると胃が押されて少しずつしか食べられず、間食が増えます。                          ④妊娠中はホルモンの影響で唾液が減ります。 その事で口の中を洗い流す自浄作用も歯を修復する再石灰化作用も弱まります。

🦷なぜ歯周病になりやすいのか🦷      胎児が元気に育つように体を変化させる女性ホルモン。歯周病菌の仲間にはこのホルモンを栄養源とするものがいて、女性ホルモンが豊富な妊婦さんの歯茎が大好きなんです。         その為、普段歯茎が腫れない人も妊娠中は歯肉炎になりやすく、歯周病の方は病状が進行しやすいです。                   歯周病の炎症は低体重児出産(早産)と関連すると言われ、赤ちゃんの成長に影響を与えかねません。

🦷対策🦷                 体調の良いリラックスタイムに1日に1回で良いので丁寧に歯磨きをしましょう🪥       それも無理な場合には、食後に強めのブクブクうがいをしたり、キシリトールガムを噛んだりして辛い時期を乗り切ましょう💪        小型ヘッドの歯ブラシなどを使うと嘔吐感を刺激しにくいです。下を向いて歯磨きするのも良いです◎                                                        早期に歯科健診を受けて歯周病を治療&予防しましょう。

読んで頂き有難う御座いました!       是非、お気軽にひろたてつや歯科医院に来院されて下さい!お待ちしております!