口腔外科|福岡市南区の土日休日診療歯医者ならひろた哲哉歯科

0120-345-500

WEB予約

土日平日診療 9:00~13:00/14:00~18:00

ORAL SURGERY

親知らず、口腔がん…
口腔外科的な処置も可能に

お口の中へ
外科的アプローチにも対応

口腔外科の治療がより強化されました

福岡市南区老司に構える「ひろた哲哉歯科」では毎週火曜日に大学病院から口腔外科の先生をお招きし、診療を行っています
親知らずの抜歯や、口腔内の腫瘍・炎症など、外科的治療が必要な疾病の診断・治療分野が今までより強化されました。
ご予約は下記より。

0120–345–500

親知らずの抜歯

親知らずへの考え方

日本では知歯とも書かれて知られる、特異的な方向に生えた歯列の一番奥の歯のことです。
周囲の歯に影響がなければ抜歯の適応にならないのですが、会話、食事の際、噛み合わせに支障がある、親知らずが虫歯になっている、歯並びに影響を及ぼす可能性がある、痛みを伴う場合に抜歯を提案させていただいています。
また当院独自の提案としてマイクロスコープを使用した抜歯も行っております。

マイクロスコープを使う理由

マイクロスコープを利用する理由がいくつかあります。

  • 手術中、余計な歯肉を切らないので、時間の短縮、最低限の出血で済む
  • 抜歯の際に残存した歯がないか視認できる
  • 抜歯した後の骨に異常がないか、視認、記録できる

提携大学病院

口腔がん治療

早期発見、早期治療開始が
健康へのカギ

口腔がんとは

口腔がんとは文字の通り、口腔内にできるがんを指します。
舌、唇、歯茎などに発生し、腫瘍自体が赤く膨れたり、白く膨れたりする病変が見られ、そのまま放置した場合、最悪、「がん化」し、死につながる可能性があります。

かかりやすい口腔環境を作らない

衛生環境が整っていないお口の中は口腔がんの原因になると言われています。また生活習慣においても、かかりやすいタイプがあると言われます。例えば、大量に飲酒される方、タバコを吸われる方、など粘膜が傷つきやすい状況下にさらされるとその危険性が高まるからです

日本口腔外科学会の
パンフレットを見る

こんな症状ありませんか(セルフチェック例)

    • 口内炎が2週間過ぎても完治しない
    • 首のリンパの腫れが3週間過ぎても治らない
    • 抜歯後の傷の治りが悪い箇所がある
    • 歯がぐらぐらしている箇所がある
    • 唇や口の内部が不意に痺れることがある
    • 入れ歯や差し歯が入らなくなるほど腫れることがある
    • 舌の裏側や歯茎に白い箇所、赤い箇所が見える

このリストに見られる内容=がんとは限りませんが、実際に鏡などで、見てみて該当する箇所が多ければ要注意だと思われますので、近くの専門の医療機関にご相談されるのをおすすめします。

早期発見のために定期検査を

口腔がんの病巣は視認できるものも多く、早期の段階で治療をはじめれば、切除箇所も小さくて済むので、患者さんへの負担も小さくなります。
検査をご希望の方はご遠慮なく当院スタッフまでお声がけください。