院内滅菌設備|福岡市南区の土日休日診療歯医者ならひろた哲哉歯科

0120-345-500

WEB予約

土日平日診療 9:00~13:00/14:00~18:00

STERILIZATION

徹底した「滅菌」を
おこなうための設備を
整えています

歯科医院は歯を削ったり、神経の治療をしたり、歯を抜いたりなどお口の中の細部まで治療を行います。人の血液、体液、汗以外の分泌物、排泄物、損傷のある皮膚、 粘膜には微生物が存在するため、感染の原因になってしまいます。 そのため器具に少しでも感染の原因になるものが残らないよう全ての器具を毎回滅菌しています。

  • 滅菌

    病原体・非病原体を問わず微生物を死滅、除去する。

  • 殺菌

    特定の細菌を殺すこと。
    どの菌をどの程度殺すという明確な定義はない。

  • 消毒

    特定の人体に有害な物質を除去、無害化させ、 病原微生物をなくしたり、能力を減退させる。

治療器具全般の
滅菌の流れ

  • STEP01

    ミーレで洗浄殺菌

  • STEP02

    滅菌パックに包装する

  • STEP03

    滅菌器にて滅菌

  1. 使用した器具をミーレの中に溜めて洗浄していきます。ミーレは大量の治療器具を一度に洗浄殺菌することが可能です。
  2. ミーレで洗浄殺菌された器具を一つずつ手作業で滅菌パックで包装していきます。
  3. 治療器具を包んだ滅菌パックを加圧滅菌します。

i Care

タービン、コントラ、ハンドピースは、ほとんどの治療で使用します。
当院では1回使う毎にハンドピース類にオイル差しをして、滅菌を行なっています。オイルを注油する際に、使っているのがアイケアです。タービン、コントラ、ハンドピースなどを4本同時に 自動洗浄・注油することができます。また、チャック内部の汚れや摩耗粉を除去し長期にわたりハンドピース類を良い状態に維持できます。

メラクイック12+

いざ治療を始めるときにハンドピース類が足りないということが起こらないためにしっかり数も揃えています。
ハンドピース類はメラクイック12+を使用しており、約10分で滅菌することができます。
この10分間で加圧と脱気を繰り返し中腔物内部の空気を除去し、蒸気を浸透させ滅菌してくれます。

滅菌器

滅菌器は3段階に分けられておりクラスB>クラスS>クラスNという順番になっています。
当院の滅菌器はクラスBの「バキュクレーブ31B+」を使用しています。 クラスBの滅菌器はヨーロッパ規格であるEN13060に準拠した滅菌器で数回の真空と 蒸気・加圧を繰り返し複雑な形状やガラス、ゴムの滅菌も可能としています。

ミーレ

当院はミーレという歯科医療洗浄器を導入しています。使用後の器具を洗浄せずに写真のように仕分けをし、ある程度溜まってきたらミーレの中にセットします。ミーレは洗浄・すすぎ・消毒・乾燥を自動で行ってくれます。また感染の原因となる 血液や唾液といったタンパク質の汚れを高い水圧で落とし最後のすすぎで93℃の熱水で 消毒を行ってくれます。今まではこれらの作業を丁寧に手作業で行っていましたが、現在はミーレが全てオートマチックにこなしてくれますので、より質の高い滅菌を行うことが可能になりました。

超音波洗浄について

まず超音波とは、人間が聞こえる音の範囲(周波数)を超える周波数です。 超音波で薬液が入った水を振動させ器具に付着した汚れを洗浄します。超音波の振動が伝わると周波数の波が発生し、一瞬ですが圧縮と膨張を繰り返します。この圧縮と膨張が水中に含まれる酸素、窒素、二酸化炭素などの気体成分に影響を与えます。この現象で微細な気泡の発生と消滅が起こり、器具の汚れを剥離、分散させます。