前歯すきっぱ 正中離開 ダイレクトボンディング修復症例|福岡市南区の土日休日診療歯医者ならひろた哲哉歯科

電話番号は0120-345-500です
土日平日診療 午前9時から13時 午後14時半から18時半まで

WEB予約

お問い合わせフォームへ

当院での治療
さまざまなケースをご紹介します

症例CASE

前歯すきっぱ 正中離開 ダイレクトボンディング修復症例

2019.05.06

勤務医の廣畑です。今回はダイレクトボンディング修復において前歯の正中離開を修復した症例を提示していきます。

 

20代の女性の患者様です。

前歯の隙間が気になる。歯を出して笑いづらいとのことで来院されました。

患者様は家が遠くあまり来院できないとのことで、患者様と治療法について話しあった結果、今回はダイレクトボンディング修復(白いプラスチックの詰め物を接着させます)で治療することとなりました。

歯の長さを計測し、治療計画を立てていきます。

大きすぎる歯になるとかえって不自然な結果になりかねないため、模型上にてシミュレーションを行います。

実際の治療の写真です。前歯にラバーダムを行います。これにより口の中の水分を排除し、より乾燥した状態で詰め物を歯に接着させることを可能とさせます。

治療終了後の写真です。

非常に自然で、患者さんは今では何も気にせず笑えますとのことでした。

前歯の隙間、すきっぱが気になる方、是非ご相談ください

その他の当院での症例

前歯部インプラント症例←click
保険のプラスチックの差し歯とセラミックの違いは!?←click
メタルフリー治療の症例←click
精密コンポジットレジンの治療←click
マイクロスコープ治療の実際←click

Q&A

患者さんよりよくある質問について回答しております。
小児歯科のQ&Aを見る←click
予防歯科のQ&Aを見る←click
診療全般のQ&Aを見る←click

ひろた哲哉歯科からのまとめ

ひろた哲哉歯科ではみなさんのお口の中の健康を守る為、しっかりと診査診断を行ない、あなたにとって最適な治療プランを話し合い、納得の上で治療を進めてまいります。
当院ではなるべく痛くない歯科治療(無痛治療)を提供できる様に様々な工夫をおこない治療にあたります。
他院で痛い思いをしてしまった方、歯医者が怖くなかなか受診から遠ざかっている方、安心してお越しください。ご不明な点や不安なことお悩みはお気軽にスタッフまでご相談ください。

ページの先頭へ