詰め物したのに歯が痛い|福岡市南区の土日休日診療歯医者ならひろた哲哉歯科

0120-345-500

WEB予約

土日平日診療 9:00~13:00/14:00~18:00

CASES

カテゴリー:

担当ドクター:

かみ合わせむし歯治療

詰め物したのに歯が痛い

< 詰め物した後の痛み>
「治療が終わった!」と安心したのに痛みや違和感がしばらく続き、気になったことはありませんか?
もしかして治療が上手くいっていないのでは?と不安になりますよね。
しかしいい治療ができても予後が順調でも一時的 痛みや違和感がでることもあります。
ちょっと気になる治療後の症状、そのわけをお話しします。
<治療後の痛みや違和感の症状と原因>
①神経が過敏になっていて痛みがある
 虫歯の治療では、歯を削る際の振動や熱、詰め物をするときの乾燥等で神経が刺激されています。
 そのため治療は成功していても神経が過敏になっていたり、炎症を起こしたりしていて痛みが出る場合があります。
②金属の詰め物が原因でしみる
 金属は、熱を伝えやすい(熱伝導性)性質があります。
 そのため銀歯を入れた後、神経が温度による刺激を受けやすく痛みやしみる症状が一時的に出ることがあります。
③詰め物が原因で噛んだら痛い、歯が押される違和感がある
 治療した歯が前後の歯よりも高くなり噛み合わせに問題があると、噛んだときの衝撃から歯や骨を守ってくれる歯根膜に負担がかかり痛みが出ることがあります。
 (また歯根膜は噛んだ感触やキツイといった違和感を脳に伝えるとても敏感なセンサーです。)
 新しい詰め物を入れる際、隣の歯との間に物が挟まらないよう最初は少しキツめにしてあります。そのため歯が押されているような違和感が出ることもあります。
<治療後の痛みの対処法>
・様子を見る
痛みやしみるのをなくすのに1番効果的なのは神経を取ってしまうことです。
しかし、神経は歯に栄養を運ぶ大切な組織のため神経を取ってしまうと歯の耐久性は落ち、歯の寿命を短くしてしまうのです。
実際には、しばらくしみるなどの症状があっても個人差はありますが1〜3ヶ月程度で治ってくるケースがほとんどです。
・噛み合わせの調整
詰め物が高い場合は何もしてない時は痛みを感じませんが噛みしめるときに痛みを感じることがあります。
早めに歯科医院に行き噛み合わせの調整をしてもらいましょう。
・刺激物を避ける
①で説明したように虫歯の治療をした後は神経が過敏になっています。
ですので神経をあまり刺激しないためになるべく冷たいものや熱いものを食べるのを避けるようにしましょう。

心配な時、様子を見ても症状が治らない増してくる時はかかりつけ医院までご相談ください!