前歯が欠けた!|福岡市南区の土日休日診療歯医者ならひろた哲哉歯科

0120-345-500

WEB予約

土日平日診療 9:00~13:00/14:00~18:00

CASES

カテゴリー:

担当ドクター:

オールセラミック修復セラミック治療ラバーダム治療審美歯科接着治療

前歯が欠けた!

<前歯が欠けたけど、どうしたらいいの?>
「あっ、ごはん中に前歯が欠けちゃった!」「転んで前歯打つけたら、欠けちゃった」「もともと欠けそうだった前歯が、ついに寿命きた」
こんな風に、前歯が欠けてどうしたらいいのか分からず、悩んでいませんか?前歯が欠けると、一番は見た目が気になりますよね。
その次はお食事が取りづらいことでしょうか。前歯は「食べ物を噛み切る役割」がありますので、欠けるとお食事は取りづらくなってしまいます。

<前歯が欠ける原因について>
①転んで打つけて欠けた
②自覚症状がなく、気づかないうちにむし歯が進行し歯が溶けて欠けた
③歯ぎしり・食いしばりでクラック(ヒビ)入り欠けた
主にこの3つでの原因が多く、噛み合せの乱れが原因の場合もあります。②③は、皆さんが自分で気づかないうちに前歯が欠けてしまう原因になります。
治療法は患者様の口腔内状況にもよりますが、当院で行っている前歯が欠けてしまった時の治療法をご説明していきます。
当院でできる前歯が欠けた方への治療
①ダイレクトボンディング(ラバーダム防湿での接着治療)
欠けた範囲が小さければ、コンポジットレジン(プラスチック)で詰めることが可能です
整える範囲も少ないため、1回の治療で終えることができます
プラスチックの色は天然歯とほとんど変わらずに修復することが可能です

②ラミネートベニア
歯の表面一層だけ削り薄いセラミックを被せるだけなので、
クラウンに比べて削る量が格段に少なくなります
透明感のある自然な仕上がりになり、汚れがつきにくくなっています

③オールセラミッククラウン
虫歯や欠けた範囲が神経まで到達してしまった際にする治療です
被せ物ができるように歯の形を整えて全てセラミック材料で被せ物を作製します
セラミック材料なので金属アレルギーの心配はいりません
被せ物は天然歯と同じような白さで作製することが可能です
前歯の欠けた治療の予後をより良くする接着治療
ラバーダムをして治療するメリット
・無菌的処置 
唾液や血液の中にある細菌の侵入を防止する。
・治療の高精度化
完全な乾燥状態を作れるので接着効果が高まる。
・安全性
舌や頬を排除し、巻き込み防止する。
金属除去時の金属片の飲み込み防止する。


患者さんのご希望や欠けた範囲により、治療を提案させて頂きます。
困ったときは是非ひろた哲哉歯科までご相談ください。