前歯のガタガタ治したい|福岡市南区の土日休日診療歯医者ならひろた哲哉歯科

0120-345-500

WEB予約

土日平日診療 9:00~13:00/14:00~18:00

CASES

カテゴリー:

担当ドクター:

かみ合わせ審美歯科小児矯正成人矯正

前歯のガタガタ治したい

< 歯並びが悪いとどうなるの?>
歯並びが悪いことが原因で起こるさまざまな悪影響についてお話ししていきます。
⑴虫歯や歯周病になりやすい
歯並びが悪いと物が詰まりやすく歯ブラシもしっかり行き届かず汚れを取り残してしまいます。
取り残してしまった汚れの中の細菌が虫歯や歯周病の原因となります。

⑵口内炎ができやすくなる
歯並びやみ合わせが悪いと噛んだ時に頬っぺたや舌を巻き込みやすくなります。
一緒に噛んでしまうとそのまま傷になり、そこから細菌が入って口内炎ができてしまいます。

⑶顎関節症になりやすい
歯全体に均等な力がかからないため、左右差ができてしまったり顎の関節に負担がかかってしまいます。
顎のバランスも崩れるため顎関節症になりやすくなります。
<歯並びが乱れる原因>
⑴歯が生えてくる時の異常
⑵スペース不足
乳歯から永久歯に生え変わるタイミングが早すぎたり、虫歯などで歯を抜歯してしまうと
隣の歯が倒れてきてしまいます。
また子供の時の顎の発育が不十分なうちに歯の生え変わりが始まり、歯が並ぶスペースがなくなることがあります。

⑶習慣的な癖
習慣的な癖で顎の発育が不十分になったり、歯が押されたりしてしまいます。
例えば、指しゃぶりや口呼吸、舌の癖、唇を巻き込む癖などがあります。
このような癖があると
歯と歯の間に挟まる指や舌などが矯正力として働き、前歯が出っ歯になったり、
前歯が噛み合わさっていない開いた状態(開口)になったりして、
歯並びや顎の発育に影響を与えます。
  
⑷遺伝
骨格的な反対咬合(下の前歯が上の前歯よりも前に噛み合っている状態)は
遺伝的な要素が強いです。
<治療法> インビザライン
透明のマウスピースを決まった時間に装着して行う矯正治療です。

[利点]   
目立ちにくい 取り外しが可能
痛みが少ない 金属アレルギーにも対応
[欠点]   
装着時間を守らないと歯が動かない
歯並びによっては治療できないケースがある
<治療法> マルチブラケット
歯の表面にブラケットと呼ばれる装置を付けて、ワイヤーの力で矯正を行う装置です。

[利点]   
1歯1歯の歯の動きをコントロールでき、難易度の高い治療にも対応できる
[欠点]   
他の矯正装置に比べて目立ちやすい
ブラケットやワイヤーの隙間に汚れが溜まりやすく虫歯や歯周病のリスクがあがる

<治療法> 舌側矯正
ブラケットを歯の表面ではなく裏側(舌側)に取りつける矯正装置です。リンガル矯正とも呼ばれます。

[利点] 
目立ちにくい
[欠点]  
慣れるまでは滑舌が悪くなることがある  舌に口内炎ができやすい
他の矯正治療に比べて費用がかかる



矯正治療は長期治療になるため信頼できる歯科医院選びが大切になります。
詳しい検査を受け検討されることをお勧めいたします。

詳しい当院の矯正治療はコチラからご確認してみてください!