よい歯ぎしり悪い歯ぎしりはどこが違う?|福岡市南区の土日休日診療歯医者ならひろた哲哉歯科・矯正歯科

0120-345-500

WEB予約

土日平日診療 9:00~13:00/14:00~18:00

BLOG

カテゴリー:

BLOG

よい歯ぎしり悪い歯ぎしりはどこが違う?

今回は、歯ぎしりについてお話したいと思います。

皆さんは、噛むことに脳のストレスが発散される働きがあることご存知ですか?

睡眠中の歯ぎしりには、ストレスから身を守る大切な機能があるんです☺️

ところが、歯ぎしりにはよい歯ぎしりと、悪い歯ぎしりがあり、大切な歯を傷めて

しまうことがあります。

『よい歯ぎしり』とは・・・

強くて丈夫な犬歯(糸切り歯)の先をキリキリこすり合わせる歯ぎしりで、

上下の犬歯の先は削れますが奥歯や前歯に負担がかかりません。

歯並びが綺麗で噛み合わせがよいお口の場合、このようなよい歯ぎしりに

なるのでさして歯を傷めずにすみます。

それに対して『悪い歯ぎしり』とは・・・

犬歯がガチッと噛み合わない奥歯ばかりで歯ぎしりするようなお口の場合、

犬歯の支えがないので奥歯に強い力が直接かかったり、顎の動きにストップが

かからないので、広範囲に歯が削れていってしまいます。

悪い歯ぎしりは、歯のいろんなトラブルが起きやすくなります。

自分では全く自覚がない方もおられます。

・詰め物がよく取れる。

・朝起きると顎が痛かったりだるい。

・歯がすり減っていたり、欠けたり割れたりしたことがある。

・上下の顎の内側の骨が出っ張っている。

・頬の内側や舌に、歯のあとがついている。

こんな症状がある方は悪い歯ぎしりの兆候かも・・・l

ご自分の歯を長く大切に使うためにも、一度歯医者の方で自分の

噛み合わせが大丈夫なのか確認してみるのもいいですね😉