飲料物で歯は溶ける?!|福岡市南区の土日休日診療歯医者ならひろた哲哉歯科

0120-345-500

WEB予約

土日平日診療 9:00~13:00/14:00~18:00

BLOG

カテゴリー:

BLOG

飲料物で歯は溶ける?!

みなさん、こんにちは☺️

今回は酸蝕歯についてお話ししていきます。

皆さんは写真のような歯を見たことはありませんか?

 

 

 

 

 

この写真の歯は酸蝕と咬耗(歯ぎしりなど)によって

歯がすり減ってしまっています。

私たちは日常的に炭酸飲料やジュース、ドレッシングや

お酒、さらには健康志向が高まり黒酢や柑橘類を好む方も

増え、たくさんの酸性度の強い物を摂取しています。

それにより、歯が溶けてしまっていることをご存知ですか?

歯はカルシウムの一種で出来ていて、酸性度の強いすっぱい

飲食物に長時間触れると溶けてしまいます。

また、酸蝕により虫歯になりやすくなったり、歯にヒビが

入ってしまう場合もあります、、、。

では、酸蝕から歯を守るには?

・酸っぱいものを食べたら歯磨きは30分後にしましょう。

・柔らかい歯ブラシを選びゴシゴシ磨かない。

・炭酸飲料はグッと飲み干して。

・お酒を飲むときはおつまみも食べましょう。

・美容と健康のための酸はほどほどに。

・飲料水はストローを使って飲みましょう。

 

美味しくて、健康にも美容にもよく、気分転換にも欠かせない

すっぱい飲食物。過剰な摂取は見直していただきたいですが、

ちょっとした工夫をすることで歯への影響を減らすことができます。

ぜひ実践してみてください😉