歯周病が体に及ぼす影響とは、、、|福岡市南区の土日休日診療歯医者ならひろた哲哉歯科

0120-345-500

WEB予約

土日平日診療 9:00~13:00/14:00~18:00

BLOG

カテゴリー:

BLOG

歯周病が体に及ぼす影響とは、、、

皆さんこんにちは!

今回は歯周病が体に与える悪い影響をお話をしたいと思います。

歯周病と関連すると言われる全身疾患には多数あります。

今回はそのうちのいくつかをご紹介します。

 

1つ目は糖尿病です

以前から糖尿病の合併症の一つと言われてきましたが、近年では歯周病は糖尿病の症状の悪化に影響していると言われています。歯周病治療で糖尿病も改善する事ができます。

 

2つ目は心疾患、脳血管疾患です

歯周病原因菌により動脈硬化を誘導する物質が出て血管を細くしてしまいます。

歯周病罹患者とそうでない人では脳梗塞罹患率が3倍近くなりやすいと言われています。

 

3つ目は誤嚥性肺炎です

高齢になると咳やむせなどの機能が低下してしまい、食事と一緒にお口の中の細菌を取り込み、そのまま肺や気管に入ってしまいます。

誤嚥性肺炎の原因菌は歯周病菌が多いそうです。

 

4つ目は骨粗しょう症です

閉経後骨粗鬆症の患者さんにおいて、エストロゲンの欠乏というのがあります。

エストロゲンとは骨代謝に関わるホルモンといわれており、閉経後の女性は全身の骨と併せて、歯を支える骨(歯槽骨)も脆くなります。

そのためエストロゲンの減少とともに、歯周病に罹患しやすく、広がりやすいといわれています。

歯周病はお口の生活習慣病と言われていますが、お口の歯周病菌を少なくし、歯垢や歯石を除去してお口の環境を良くしていけば予防できます。

 

 

 

当院では一人一人患者さまに担当の衛生士をつけて、一緒に口腔内環境を良くしていく取り組みをしています。

ぜひ当院にお越し頂き、一緒にお口の健康を良くしていきましょう。

福岡市南区老司の歯医者なら「ひろた哲哉歯科」