歯周病治療|福岡市南区の土日休日診療歯医者ならひろた哲哉歯科

電話番号は0120-345-500です
土日平日診療 午前9時から13時 午後14時半から18時半まで

WEB予約

お問い合わせフォームへ

一生付き合える歯医者さんであるために

歯周病治療PERIODONTAL

症状に合わせた
歯周病治療を行ないます

口腔内はもとより全身も考慮し治療します。

歯周病とは、歯や歯肉支えている骨(歯槽骨)が、細菌に感染し、いずれは歯が抜け落ちるとても怖い病気です。
しかしながら、歯周病は、きちんと治療とケアを行なえば治る病気でもあります。
ひろた哲哉歯科では「治療結果をだす歯周病治療」を行っています。
近年ではインプラントの周りの歯周病である「インプラント周囲炎」も問題になってきました。
歯周病治療には、様々な治療方法、歯周病にならないための予防法があります。
初期の歯周病から重度歯周病まで、他院さまでなかなか効果が出ない方など、是非一度ご相談ください。

こんな悩みはありませんか?
  • 歯磨きの時に血が出る
  • 歯茎が腫れてブヨブヨしている
  • 口の中がネバネバする
  • 口の中の汚れを落としたい
  • 歯茎から膿がでる
  • 歯がぐらついている
  • 硬いものが食べづらい
  • 口臭が気になる・口臭があると言われた
  • ずっと放置しているから歯医者に行くのが恥ずかしい
  • むし歯や歯周病の予防法を知りたい
歯周病の「進行度合」と「症状」

歯周病(ペリオ、歯槽膿漏)は、歯を支えている骨まで炎症が広がり、破壊が始まる「歯周炎」と、歯肉に炎症が起きる「歯肉炎」に分けられます。歯肉炎のうちに気づき治療を行なえば完全に治すことも可能です。しかし、自覚症状が出ないため、そのまま気づかず進行してしまう場合が多数です。重度の歯周炎になると、歯を抜かなければならなくなるので注意しましょう。

軽度の歯周病 歯周ポケット:3mm~5mm
歯肉の腫れが大きくなり、歯周病菌が歯周組織に侵入し、歯槽骨が破壊されはじめます。
この時、自覚症状はほとんどありません。
中度の歯周病 歯周ポケット:4mm~7mm
歯肉の腫れがさらに大きくひろがり、歯槽骨も歯の根の長さの半分位まで破壊が進みます。
冷たいものや温かいものがしみたりすることがあります。口臭が気になるようになってきます。
重度の歯周病 歯周ポケット:6mm~以上
歯槽骨が歯の根の長さの半分以上まで破壊し、歯がグラついたり膿が出たりします。
口臭もキツくなったりします。最悪の場合は抜歯しないといけなくなります。
CASE1 -歯周病治療・メンテナンスにより、歯茎の腫れも引き締まりました-

歯科治療症例

MORE
ページの先頭へ