フロスの正しい使い方について|福岡市南区の土日休日診療歯医者ならひろた哲哉歯科

電話番号は0120-345-500です
土日平日診療 午前9時から13時 午後14時半から18時半まで

WEB予約

お問い合わせフォームへ

ブログBLOG

フロスの正しい使い方について

2019.03.25

みなさんこんにちは😊歯科衛生士の山下です。

3月も後半に入り、桜が咲く季節になりました🌸

 

今回はみなさんも良く使ったことのある『フロスの正しい使い方』についてお話しします。

皆さんは、フロスにも様々な種類があることを知っていますか?

一番お掃除をしにくい歯と歯の間をしっかりと擦り、歯の曲面にピタリと沿って、面状にお掃除できるのは

フロスだけなんです!!!

まずは、フロスの種類についてですが。。。

 

 

 

 

 

 

 

上のようなフロスの形は「ホルダータイプ」と言われるフロスの種類です。

ホルダータイプにはF字型・Y字型の2種類があります!

 

 

 

 

 

 

こちらは指に巻きつけて使うタイプのフロスです。

慣れないと難しいと感じる方も多いかと思います😂

そんな、難しいと感じる方でも大丈夫です✌!

今回は、指に巻きつけるタイプのフロスの使い方について教えたいと思います!

 

まずフロスを切ります。指先から肘ぐらいまでの長さが目処です。

(40センチくらいの長さです)

 

①左右の中指に巻きつけます。

一方の指に多く巻いておくのがポイントです!

 

 

 

 

 

 

 

 

②使い終わった糸は巻きの少ない指に巻き、巻きの多い部分から

未使用部分を外して清潔な部分の順に使用します。

 

 

 

 

 

 

 

🌟しっかりと汚れを落とすには、歯と歯の間に沿わせて動かし、

歯ぐきの溝に軽く入れてから沿わせたまま引き上げます。

 

 

 

 

 

 

 

フロスが歯面に沿って「くの字」になるように軽く引っ張りながら

使ってください!!!

 

 

皆さんもフロスの正しい使い方を知って

しっかりと予防して、虫歯にならないお口の環境を作りましょう(^O^)

 

 

ページの先頭へ