親知らずって|福岡市南区の土日休日診療歯医者ならひろた哲哉歯科

電話番号は0120-345-500です
土日平日診療 午前9時から13時 午後14時半から18時半まで

WEB予約

お問い合わせフォームへ

ブログBLOG

親知らずって、、本当に抜かないといけない!?

2018.07.27

こんにちわ。歯科医師の廣畑です。

「親知らず」ってご存知でしょうか?

親知らずとは、永久歯が生え揃ったのち、前歯の真ん中から数えて8番目に生えてくる歯のことです。
まっすぐに生え、かつ周囲の歯や歯ぐきを傷つけたり圧迫することがなければ、本来は他の歯と変わらず、抜歯せずとも問題ありません。

しかし私たち現代人の小さな顎には、親知らずが適切に生えるスペースが足りないことが多く、その結果、傾いて生えたり、顔を出さずに埋まったまま周囲の組織を圧迫したりしていることがあるのです。

親知らずを放置しておくと、痛みや歯茎の腫れを伴いながら歯周病が進行したり、また親知らずの手前の歯が虫歯になり痛くなったりします。最悪の場合、親知らずも手前の歯も両方抜かないといけなくなったりしてしまいます。

 

親知らずの抜歯は早ければ早いほどいいと言われています。年を重ねるにつれて骨が密になり、親知らずと骨が癒着する傾向にあり抜歯が困難になってしまいます。

親知らずなんて自分は絶対ない!って思ってる方も、親知らずずっと前から気になっていたという方も一度検査して、親知らずは本当に生えてるのか?生えてる親知らずは抜いたほうがいい親知らずなのか、相談だけでもすることができます。

今後ともひろた哲哉歯科を宜しくお願い致します

 

福岡市 南区 ひろた哲哉歯科

ページの先頭へ