ホワイトニングで歯を|福岡市南区の土日休日診療歯医者ならひろた哲哉歯科

電話番号は0120-345-500です
土日平日診療 午前9時から13時 午後14時半から18時半まで

WEB予約

お問い合わせフォームへ

ブログBLOG

ホワイトニングで歯を強くする!?

2018.07.23

みなさんこんにちは😊

突然ですがホワイトニングと聞いてどんなイメージがありますか?

ホワイトニングをしてみたいと思ってる患者さんからよくこんな質問を受けます。

 

Q ホワイトニングで歯を白くしたいけど、 ホワイトニングは歯に悪いんでしょ?

 

どうでしょうか?

みなさんもこんなイメージはありませんか?

 

確かにホワイトニング剤はいくらか酸性ですから、歯の表面は少々溶けます。(これを脱灰と言います)

そうお答えすると心配になるかもしれませんが、実は食べ物や飲み物のほとんどは酸性です。

レモンやコーラなど酸の強い飲食物もあります。

それを思えばホワイトニングによる脱灰は、唾液の中に溶け込んでいるカルシウムが歯に戻る事(再石灰化)によって、自然に修復される程度のもの。毎日の食事と同程度の脱灰ですから、特別に心配するほどではありません😄

 

また、ホワイトニング剤に入っているのは殺菌薬として知られるオキシドールと同じ成分。歯の漂白は、歯周病菌を減らして歯周病を治すために、歯ぐきの周りにオキシドールを使っていて発見されたものです。

つまりホワイトニング剤は細菌を減らす働きを備えているのです。

これはむし歯や歯周病のリスクの軽減にとても有利ですね✨

 

そして近年では、さらなる予防効果が明らかになりました。

ホワイトニング後は再石灰化しやすくホワイトニング前より後の方が歯が硬くなって耐酸性がアップすることが、いくつかの研究によって明らかになったのです!

さらにうれしいのがホワイトニング後はフッ素やCPP-ACP(リカルデント)の取り込みも盛んに行われるので、うまく活用すればさらなるむし歯予防効果が期待できます✨

 

A ホワイトニングは歯質強化のためのチャンスなのです!

 

是非みなさんも歯を白くするだけではなく、攻めのむし歯予防効果も手に入れて欲しいと思います!

興味がありましたら気軽にご相談ください☺

 

 

 

福岡市南区の歯医者    ひろた哲哉歯科

ページの先頭へ