象牙質まで達した虫歯の治療法 続き|福岡市南区の土日休日診療歯医者ならひろた哲哉歯科

電話番号は0120-345-500です
土日平日診療 午前9時から13時 午後14時半から18時半まで

WEB予約

お問い合わせフォームへ

ブログBLOG

象牙質まで達した虫歯の治療法 続き

2016.08.04

こんにちは。歯科医師のHです。

今回は象牙質まで達した虫歯の治療法の続き、セラミックインレー、ゴールドインレーについてお話しします。

スクリーンショット 2016-07-13 18.42.52

ゴールドインレーはメタルインレーと同じく金属の詰め物です。ただメタルインレーが主に銀でできているのに対して、こちらは金でできているのが特長です。金は体との相性が良く、銀と比べて金属アレルギーを引き起こしにくい材料となっています。またメタルインレーには持っていない展性という性質があり、叩けば伸びるという性質なので何年たってもどこにも歯と段差なくしっかりはまり込み、虫歯の菌が入らないのが特徴です。

セラミックインレーはセラミック、陶材の詰め物です。他の金属の詰め物と異なり、歯の本来の透明感があり見た目がとても綺麗です。メタルインレーのような詰め物を歯にはめ込む治療と違い、歯と陶材は科学的に接着させることが可能なので、セラミックインレーは歯との適合がかなり強いです。そのため外れにくく、詰め物と歯の隙間から虫歯の菌が入るようなことはなかなかありません。他にも金属を使用していませんので体にも優しいです。また金属はイオンを放出し汚れを引きつけますが、セラミックインレーはそのようなことはありません。また陶材は以前より割れやすいということが危惧されていましたが、技術の進歩により材料も進化し、陶材も今ではかなり割れにくい歯科材料となっています。

前回お話ししたCR、メタルインレー、そして今回のゴールドインレー、セラミックインレー、この4つ材料で虫歯を取り除いた後の歯の穴を補うことができます。

ですが一番大事なことは、穴を詰め物で埋めることはできても虫歯を取り除いて失った本来あった自分のエナメル質は補うことはできません。どんなにいい材料で詰めても、自分の本来のエナメル質には敵いません。

エナメル質がどこも欠けてなくしっかりした歯と、一度虫歯になってCRやインレーを詰めた歯とでは虫歯になるリスクは雲泥の差があります。

我々歯科医師はエナメル質を再生させることはできませんし、常に管理し守ることは難しいです。エナメル質を常に守るのは歯科医師ではなく自分自身なのです。

次回はC3の治療方法をお話しします。

福岡市南区老司の歯科 ひろた哲哉歯科

ページの先頭へ