歯を溶かす飲食物がある?|福岡市南区の土日休日診療歯医者ならひろた哲哉歯科・矯正歯科

0120-345-500

WEB予約

土日平日診療 9:00~13:00/14:00~18:00

BLOG

カテゴリー:

BLOG

歯を溶かす飲食物がある?

 

 虫歯以外にも歯が部分的に失くなる原因がいくつかあります。その1つが酸蝕症(さんしょくしょう)といって、酸が強い食品を摂ることによって歯が溶かされる現象です。酸が強いものといえば、炭酸飲料やお酢、柑橘系などの酸っぱいものですね。
 歯の表面はエナメル質といって、とても硬い組織ですが、長時間、酸にさらされ続けると、溶けてしまいます。ポイントは、長い時間高頻度で、酸に晒されるというところです。
 なので対策としては、歯になるべく酸を触れさせないように、酸性飲料はストローで飲んだり、酸性のものを飲んだ後は水を飲んだりして、長時間歯が酸性のものに触れていないようにする事が大切です。
 健康志向のために、お酢などを積極的に摂られる方はけっこういらっしゃるかと思いますが、このように、酸蝕症のリスクがある、ということを忘れないで下さいね。

ご自分の歯が酸蝕症になってないか不安な方はぜひ一度ご来院ください😄