学校歯科検診はありましたか??|福岡市南区の土日休日診療歯医者ならひろた哲哉歯科・矯正歯科

0120-345-500

WEB予約

土日平日診療 9:00~13:00/14:00~18:00

NEWS

カテゴリー:

お知らせ

学校歯科検診はありましたか??

みなさんこんにちは🌸

歯科衛生士の荒武です😊

新学期が始まって早2ヶ月が経っていますがいかがお過ごしですか??

 

当院の新入社員たちも診療後毎日夜遅くまで練習しています!

 

さて、本題にもあるように新学期が始まると学校でも歯科検診があります。

すでに手紙をもらって帰ってきているお子様もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

学校の歯科検診では

・むし歯はないか

・歯に歯垢(プラーク)がついて

・歯ぐきが腫れていないか

・歯並びや噛み合わせに異常がないか

・アゴの関節に異常がないか

などを調べていきます。

 

特に”C”や”G”などの用語を耳にしたことはありませんか??

 

<アルファベットの説明>
C・・・むし歯:「C」はCariesの略で、英語で「むし歯」の意味です
G・・・歯肉炎(歯ぐきのはれ):「G」はGingivitisの略で、英語で「歯肉炎」の意味です
O・・・観察:「O」はObservationの略で、英語で「観察」の意味です

CO、GO・・・それぞれ「シーオー」「ジーオー」と読みます。Oは数字のゼロではありません。

 

CO(要観察歯)・・・定期的な観察が必要

写真 : COの例

<COの例>

明らかなむし歯は確認できませんが、むし歯の初期の状態が疑われる白濁(白く濁った色)や褐色(やや黒みを帯びた茶色)になっている部分が認められ、このままではむし歯に進行すると考えられる歯です。これは、「初期むし歯」とも呼ばれます。適切なケアや生活習慣により、もとの健康な状態に戻る可能性があります。

 

CO要相談・・・歯科医師による診断が必要

「CO」の中でも、「歯と歯の間や詰め物の下の着色の変化」、「COが多数見られる場合」などは、歯科医院での専門的な管理が必要であるため、「CO要相談」として検査をすすめられます。

C(要治療歯)・・・歯科医師による診断が必要

むし歯 Cの例

<Cの例>

むし歯により、歯に穴があいている状態です。詰め物や被せ物のまわりにできるむし歯、詰め物が取れている歯、治療途中の歯も含みます。

要注意乳歯・・・歯科医師による診断が必要

要注意乳歯の例

<要注意乳歯の例/11歳・上の奥歯>

抜くか抜かないかを慎重に検討すべき乳歯です。歯並びに影響することもあるので歯科医院で相談しましょう。写真は、「要注意乳歯」の例です。乳歯はまだ抜けそうにないのに、永久歯が脇から生えてきているため、抜くか抜かないかを検討すべき乳歯です。

歯肉(歯ぐき)

GO(歯周疾患要観察者)・・・定期的な観察が必要

写真 : GOの例

<GOの例>

歯ぐきに軽度の「歯肉炎」がおきていますが、歯石は付いていない状態です。適切なケアや生活習慣により、健康な歯ぐきに改善できます。

G(歯周疾患要処置者)・・・歯科医師による診断が必要

写真 : Gの例

<Gの例>

歯ぐきに「歯肉炎」がおきており、歯石が付いている状態、あるいは「歯周炎」(歯を支える組織まで炎症が進んだ状態)が疑われます。歯科医院で検査や治療を受けましょう。

 

お手入れ次第で健康な状態を維持することができます🙂

みなさんもマスク下のお口の中を清潔に保っていきませんか??