だ液の役割って??|福岡市南区の土日休日診療歯医者ならひろた哲哉歯科

0120-345-500

WEB予約

土日平日診療 9:00~13:00/14:00~18:00

BLOG

カテゴリー:

BLOG

だ液の役割って🤔?

こんにちは😊

 

普段ほとんど意識していない、つばやよだれ。

いわゆるだ液の役割や効果を今回は紹介します。

 

食べるときなくてはならないのがだ液です。

1日に出るだ液の量は5001500mlで、噛めば噛むほど、食べ物の水分が少ないほど、だ液はたくさん出ます。

だ液には大きく3つの役割があります。

 

❶細菌や有害物質を抑える

食べ物はすべてが安全なものではありません。

病気を引き起こす細菌や発がん性物質などが

含まれている場合があります。

だ液はこれらの有害なものを減らし、体内への侵入を防ぐ効果が期待できます

 

❷消化・吸収を助ける

だ液と食べ物が混ざり合うと消化を助ける成分が働き、胃の消化・吸収を助けます。

また、だ液にはおいしさを感じさせたり、食べ物を湿らせて飲み込みやすくする働きもあります

 

❸むし歯予防

食後の口の中は、むし菌が活動しやすい酸性になります。だ液は、口の中に残っている食べかすなどを洗い流し、酸性から食前の中性に戻す働きがあるため、むし歯予防に役立ちます

 

1日の中で、だ液が1番多く出るのは食事のときですが、現代人は食生活の変化によって、噛む回数と食事の時間が極端に減り、だ液の量も少なくなっています。

 

だ液の効果を高めるいちばん簡単な方法は、噛む回数を増やすことです。

噛みごたえのあるもので130回を目安に

ぜひ実践してみてくださいね☺️