矯正治療のあとは・・・|福岡市南区の土日休日診療歯医者ならひろた哲哉歯科

0120-345-500

WEB予約

土日平日診療 9:00~13:00/14:00~18:00

BLOG

カテゴリー:

BLOG

矯正治療のあとは・・・

歯や顎を治療目的のために移動することを動的矯正治療と言います。

歯は自ら移動したり移動させられ、例えば、乳歯や永久歯の萌出、歯の欠損部位での対合歯の挺出などがあります。

また、舌の力や口腔周囲筋はいつも歯に移動力として作用しているため、歯は各筋力の間でよくも悪くも安定しています。

動的矯正装置は、歯や顎骨を移動し不正咬合や顔貌を改善する為に用いられます。

症例によっては治療段階に合わして装置を変更することもあります。

動的矯正治療によって移動された歯は装置を外すと元の位置に戻ろうとするので、この現象を防止する為に動的矯正治療後には必ず静的矯正治療が行われます。

 

そのときに使用される装置を保定装置(リテーナー)と言います。保定途中で装置を使用しなくなると綺麗になった歯列が戻ってしまい、長い時間をかけてきた治療が無駄になってしまうので、患者さんの協力と理解が必要となります。

ひろた哲哉歯科では、矯正治療後の歯の管理以外にも様々な治療後の管理、アフターケアを行っています。

今後もひろた哲哉歯科をよろしくお願い致します。