フッ素ってどうして歯にいいの??|福岡市南区の土日休日診療歯医者ならひろた哲哉歯科

電話番号は0120-345-500です
土日平日診療 午前9時から13時 午後14時半から18時半まで

WEB予約

お問い合わせフォームへ

ブログBLOG

フッ素ってどうして歯にいいの??

2016.08.12

〜今日のデンタルワード〜

“ フッ素  ”

 

「フッ素は歯に良い」って、よく聞きますよね♪

では、「なぜ」フッ素は歯に良いのでしょうか??

「どのように」フッ素は歯に良いのでしょうか??

なんとな〜く、『歯を強くしてくれそうなイメージ』があるフッ素ですが、

今日は「なぜ」「どうして」について少しだけ詳しくご紹介したいと思います♪

 

フッ素ってそもそも何なの??

フッ素は、自然界に存在する微小ミネラル成分で、天然の元素です。「フッ素」は元素名で、水や食品中のフッ素は「フッ化物」と呼ばれます。

草花や樹木、野菜や穀物、くだものにも当然含まれますし、海に生きる魚や貝、海藻にももちろん含まれています。そして私たち人間の体内にも、「必須元素」または「有益元素」としてフッ化物が含まれています。フッ化物は、地球上で育まれるあらゆる生き物の中に、あまねく存在しているのです。

 

「なぜ」 フッ素が歯に良い3つの理由 「どうして」

①むし歯菌の活躍の邪魔をする!

・・・フッ化物には抗菌作用があり、むし歯の働きを抑えるので、むし歯になりにくくなります・・・

②再石灰化がさらにパワーアップ!!

・・・適量のフッ化物があると、唾液の中に溶け出したミネラルが歯に取り込まれやすく、歯が修復されるスピードが速くなって、その分修復される量も多くなります・・・

③歯が丈夫にバージョンアップ!!!

・・・フッ化物の助けによって修復された歯の結晶は、元の歯の結晶より硬くバージョンアップするので、その分さらにむし歯になりにくい歯になります・・・

 

すべての人にフッ素でむし歯予防を

積極的で適切なフッ化物の利用が「むし歯」からあなたを守ります。

フッ化物の利用はこどもだけでなく大人にももちろん効果的です。

大人の場合、通常のむし歯リスクに加え、歯周病によるむし歯リスクも関わってきます。歯周病のために歯茎が退縮し、象牙質がむき出しになったお口は、むし歯リスクが一段と高まってしまうからです。

スクリーンショット 2016-08-03 12.18.55

むし歯を予防し、むし歯の進行を抑えて歯を守るフッ化物を、大人からこどもまで世代を問わず上手に利用していけるといいですね♪

 

 

次回は実際にフッ素を「どうやって」効果的に取り入れればいいのか?をご紹介しますね♪

 

 

福岡市南区老司の歯科 ひろた哲哉歯科

ページの先頭へ