根管治療|福岡市南区の土日休日診療歯医者ならひろた哲哉歯科

電話番号は0120-345-500です
土日平日診療 午前9時から13時 午後14時半から18時半まで

WEB予約

お問い合わせフォームへ

当院での治療
さまざまなケースをご紹介します

症例CASE

根管治療

神経を抜いてしまった歯の最終手段について

51歳女性 右上の歯の歯肉腫脹および疼痛により来院されました。 デンタルX線にて、右上6の近心根周囲に透過像を認め、適切な根管治療が行われていないことがわかりました。 クラウンおよびコアを外すと、中は軟化象牙質が多く非常に汚染されている状態でした。 この後、隔…

つづきを見る

歯が急にズキズキしてきたら⁉️

患者さんは右下の奥歯がズキズキして痛いとのことで来院されました。 お口の中では分かりにくいがレントゲン写真を見ると神経に到達するような虫歯が確認できたので感染予防のためにラバーダム防湿を行い虫歯を除去するとしました。 実際に虫歯を除去すると診断通り神経までの感…

つづきを見る

残根歯症例

女性 左上の奥歯2本のやりかえを希望されました。 右上6番目と7番目の根の治療が不十分に行われていました。 ↓上の被せ物を外した状態 被せ物の下が虫歯になっています。 まず根の治療を行います。 根の治療完了後 根の先まで詰め物がされています しかし残っている歯…

つづきを見る

より確実な接着治療を目指して

Case1 Case2 Case3 Case4

つづきを見る

患者の様々なニーズに合わせた治療

10代の男性の患者様です。 左上の5番は既に他院にて治療済みですが、中で虫歯が再発している状態です。 しかしながらこの歯は既に何度も治療された形跡があり、歯の厚みがほとんど残っていない状態、つまりC3からC4の間の状態です。 この状態になると治療は困難になり精…

つづきを見る

マイクロスコープ治療の実際

マイクロスコープによる歯の神経の治療の実際を紹介します。 他院にて右上の第二大臼歯を抜髄(虫歯の痛みを取り除くため神経を抜く治療)した患者さんです。痛みが続き当院に来院されました。残髄という状態で神経を取りきれず取り残している可能性が高いです。そこで当院にてマ…

つづきを見る

湾曲した歯の神経の治療

当院での根管治療(歯の神経の治療)の紹介です。   40代の患者さんで左下の小臼歯が何もしてなくてもズキズキ痛む、熱いものでしみるということで来院されました。 何もしてなくてもズキズキ痛む症状(自発痛)は虫歯が神経まで到達し、神経のなかで炎症が活発に…

つづきを見る

ページの先頭へ