電話番号は0120-345-500です
土日平日診療 午前9時から13時 午後14時半から18時半まで

WEB予約

お問い合わせフォームへ

当院での治療
さまざまなケースをご紹介します

症例CASE

接着治療

歯が急にズキズキしてきたら⁉️

患者さんは右下の奥歯がズキズキして痛いとのことで来院されました。 お口の中では分かりにくいがレントゲン写真を見ると神経に到達するような虫歯が確認できたので感染予防のためにラバーダム防湿を行い虫歯を除去するとしました。 実際に虫歯を除去すると診断通り神経までの感…

つづきを見る

前歯すきっぱ 正中離開 ダイレクトボンディング修復症例

勤務医の廣畑です。今回はダイレクトボンディング修復において前歯の正中離開を修復した症例を提示していきます。   20代の女性の患者様です。 前歯の隙間が気になる。歯を出して笑いづらいとのことで来院されました。 患者様は家が遠くあまり来院できないとのこ…

つづきを見る

断髄症例

74歳女性 右上の5番に大きな縁下カリエスがあります。 自発痛がなく、レントゲン上で一部の神経に感染が及んでる可能性があることから、感染している神経だけを取り除き、健康な神経を残す断髄法を選択しました。 ラバーダム防湿によりカリエス除去を開始します 完全にカリ…

つづきを見る

精度の高い補綴物を目指して

46歳の男性です。 左下の銀歯をやり変えたいということで来院されました。 実際に被せ物を外してみると中が虫歯になっていました。 虫歯をとって根の治療を終えたところです。 土台をたてて、形を整えました!今から型取りして最終補綴物を装着します。 最終補綴物を装着し…

つづきを見る

小児の歯科治療

5歳女児の患者様です。 左下のD(前から4番目の乳歯)は虫歯が大きく、既に穴があいてしまっています。 神経と虫歯が限りなく近接しており、C2からC3の状態でした。 小児の虫歯は進行が早く、虫歯がすぐに神経に達してしまうことが多いです。ただ、乳歯だからといって簡…

つづきを見る

より確実な接着治療を目指して

Case1 Case2 Case3 Case4

つづきを見る

最小限の切削によるラミネートベニア修復

60代男性です。 前歯の歯の歯茎の境目が茶色くなっており、変色しているのがわかります。 また、歯から黒く透けてみえるところにはむし歯があります。 歯はなるべく削りたくない、けれども見た目の改善はしたい、という患者様のニーズに応えて、必要最低限の切削で見た目や形…

つづきを見る

オールセラミック症例集

Case1 Case2 Case3 Case4   その他の当院での症例 前歯部インプラント症例←click 保険のプラスチックの差し歯とセラミックの違いは!?←click メタルフリー治療の症例←click 精密コンポジットレジンの治療←click…

つづきを見る

ページの先頭へ